NTRミッドナイトプール

NTRミッドナイトプール

タイトル : NTRミッドナイトプール

サークル: C.N.P

Point
clone人間先生の商業作品はこちら!

とある法廷
裁判官「それでは陳実書にあった証拠品a、これに対し弁護人は反対尋問ございますか」

……そ… 証拠品なんてきいてない…
汗の滴る渡辺

「これを」
何かの資料を隣から渡す陽子

これにて閉廷
木槌が響く

法廷を出たロビー
陽子 「『準備は人を裏切らない』いつも言ってるでしょ。」

渡辺 「はい…すみません 助かりました」

上司にして美人弁護士の夏目陽子はいつものように眼鏡のふちを触りながら
少女のような黒く大きな瞳でこちらを見ている。
陽子「それじゃ私先に事務所戻ってるわ」

深々と頭を下げる渡辺
「本日は助かりました ありがとうございました」

スーツ姿の陽子が9センチはあるヒールで大理石を鳴らしながら去る。
女上司陽子のつんと上を向いた尻を目で追ってしまう新米弁護士渡辺。

何やってんだおれ…。「準備は人を裏切らない」……か。

…3年後

車のキーをポケットに投げ入れ自宅のガレージへ急ぐ陽子。
重要書類が鞄に入っていないことに気づいたのは目的地へ近づいた時だった。

陽子「いけない…机の上だわ…」
冷や汗が背筋をつたう。

陽子「どうしよう…」
今日の相手は丸腰で叶う相手ではない。

その時アーバンな本革ケースに納められた陽子のモバイルが鳴った。

…渡辺君だわ

今日の裁判に必要な重要な書類をPDFで添付いたしました。

陽子さんに限って自宅に忘れるとも思われませんが念のためです

お手間とらせました

渡辺

陽子はシフトをDレンジへ入れハンドルをナビの指示通りにきった。

「この前まで頼りないアソシエイト君だったのに いつのまにらしくなっちゃって…」

事務所には西日が差し込む。

陽子「今日は助かったわ…ありがとう」
渡辺「もったいないお言葉」

美人女上司のヒールから黒いストッキングの太腿、腰へのラインを嘗めるように
頭を下げる。
渡辺が一番気に入っている瞬間だ。

入所以来ずっと憧れていた女上司の夏目陽子。
この春結婚するというわさは本当だった。

陽子「もう永遠の別れじゃないんだから…それじゃみんなで一緒に撮りましょう」
陽子の退社日。

陽子を中心に同僚が肩を寄せる。
違うフロアのスタッフも顔を揃え普段は皆語らないが彼女がどれだけ職場の華であったかが容易に見て取れる。

その中に溶け込んだ渡辺はそこにいた誰とも違う表情で陽子の横顔を見ていた…。

悋気に苦しむ若き雄の眼差しで…。

先輩「おい渡辺例の件まだ書類できてないのか」

渡辺「先輩の机に置いておきました。」

先輩「なんだ早く言えよ」

渡辺は陽子の旦那にして上司の「先輩」を横目でキッと見る
先輩の机は昼に食べたインスタント系の容器やゴミで景観を失っている。

どうして陽子さんはこんな粗悪な人間を選んだんだろう。

この問いは永遠なのかもしれない。
だが渡辺はこの懸案を昇華できるほど人間ができていなかった。

友人とふらりと行ったナイトプール。

そこは深夜ハプンニングナイトプールへ姿を変えた。
盛り場で友人とナンパした女らと面白半分でふらりと遊びに行ったが楽しかった。

もし…陽子さんをあそこへ連れ出せたら

その時、光速ですらかなわぬ早さで渡辺のシナプスは
ある企てを脳裏に照らした。

細い線だが行けなくもない。

陽子の亭主であり上司である「先輩」の言う通り重要案件を午前中に完了した渡辺。

何喰わぬ顔で昼食後の退屈な世間話にいそしむ。

渡辺「先輩ここどうすか。たまには陽子さん誘って遊んでみては。」
スマホをひょいと見せる渡辺
先輩「ナイトプール…?へえ…お洒落なとこだな おれはいいよ」

おまえじゃねえ…陽子さんだよ。

渡辺「いえいえたまにはこういうところで夫婦の親睦深めるのも悪くないんじゃないすか。
最近どこにも連れて行ってあげていないですよね」
先輩「生意気言うな へえ…でもそうだな誘ってみるか」
渡辺「それじゃ僕が予約しておきます」

数日後
先輩「なんとかプールっていつだっけ渡辺」
渡辺「えー…っと」
白々しくスマホのスケジュールを開けて答える

先輩「すまん渡辺その日例の独占違反事件の担当の人と飲む事になった」
渡辺「はあ…そうですか 楽しみにしてらしたから残念ですね」

上司「…渡辺すまんが俺の変わりにお前行ってくれるか」

渡辺「…はい 喜んで」

ニタリ顔で深々と頭を下げる渡辺であった…。

【キャラクター】
夏目陽子 8月24日誕生日 A型 身長159センチ B91W62H89 スレンダーだが本人いわく中肉中背。
東京都出身の三姉妹の長女 妹夫婦あり 潔癖の気質が少々あり自分のデスクまわりは常に片付いている。
学生時代はそれなりに遊んでいた。性格は明るく利発だが実は乙女的な内面を持つ。
その容姿から言い寄られる事もしばしばあったが殻に閉じこもってしまうことも。
お酒は好きだがここでは言えない失敗経験から今はあまりたしなまない。
当時からだいぶ自分は大人になったが今でも当時のことは同僚にも内緒にしている。
学生時代思い描いた理想の自分にほぼ到達しているがまだ何も得ていない気がすることを
今も夫に言えないでいる
法学部を卒業後弁護士に。恋愛経験は実はいうほどなく今の旦那はちゃんとした交際としては初めての恋人で大学時代の二つ上の先輩。旦那は淡白。夜も淡白。粗悪にして雑。だが包容力では夫は勝る。渡辺曰くなぜあんなデリカシーの無い男と陽子さんが…
大学時代の恋人の友達とスワッピング経験あり アナル経験あり 自分の性感帯がアナルであることをまだ信じていないし、そもそも女性の排泄器官を行為で使うなんてあり得ないと。性癖は流されやすくスキンシップに弱い。耳とアナルが性感帯。
陽子のマゾ気質に気づく男に出会えず未だ手つかずのまま雌肉は成熟を進めている…。
もともと真面目な性格と人間力に優れているゆえ出世は確約されていたが主婦として夫を陰ながら支えるため家庭に就く。役職はチームのリーダーボス。渡辺の上司であった。

渡辺 187センチ O型 学生時代野球部
毎日朝10Kmのランニングをしているスポーツマン。
現役で法学部司法試験をパスし大型ルーキーとして事務所の期待を担うが
陽子曰く、右も左も知らないアソシエイト君。
密かに陽子への恋心を抱いている。いや劣情か。
女性経験も豊富であるが女性の排泄器官を特に好む。
アナルでオーガズムを迎えさせるのが生き甲斐と自負する肛門マニア。清潔感があり
人当たりがよく周りの評判もいい。が、性欲が人一倍あるため若くして生粋の女好き。要するにヤリチンである。我田引水なところがあり女性と交際しても長く続かず、その体格に似合わず狭量な部分も…。
身分にそぐわず心の何処かで自分の方が陽子に相応しいと確信している。
上司であった陽子は渡辺にとって別格であり憧れの女性器…いや女性。はじめて本気で落としたいと渡辺の雄の本能に火をつけた存在が夏目陽子であった。

結婚を機に家庭に就いた美人女弁護士夏目陽子

元部下で今は夫の部下である渡辺とナイトプールへ行くはめに…

扇情的な夏の夜の狂宴が幕を上げる…的なお話。

どうぞ宜しくお願いいたします。

サークルC.N.P/作画:clone人間

詳細

安心・安全に同人コミックを楽しむために

当サイトで紹介している同人コミックは全てCMでも有名な『FANZA 旧DMM』で販売しているものです。
FANZA 旧DMMは、一般通販会員等を含むとグループ全体で2000万人を超える会員数!EC(電子商取引)サイトとしては日本最大手といえます。
それだけ、信用度も高く、安心して同人コミックを楽しめる『FANZA 旧DMM』をおすすめします。

>>DMMの会員登録がまだの方はこちらから<<

同人人気ジャンル

  • CG
  • コミック
  • ゲーム
  • ボイス