夢幻の如く陸(六)

タイトル : 夢幻の如く陸(六)

Information
(シリーズ6話目)翔和を陥れようとした明智光秀の小姓・次郎丸は、信長によって切腹を申し渡され、翔和の眼前で果てる。余りにも軽く扱われる人の命と、目の前で人が死ぬ衝撃から、翔和は憂いにとらわれ、なかなか抜けだせないでいた。そして、その憂える翔和に寄り添おうとし、いろいろと気遣いを働く信長の行為に、翔和も戦国の世に馴染もうと努力する。一方で、ますます周囲の妬心を煽ることとなった。「今宵の伽を、貴様も楽しめるように、してやるだけだ」湯あみ中、坊主が稚児に使うという、張り型を用いようとする信長に、緊張する翔和。だが、信長との行為が痛くなくなるなら…と受け入れるのだった。本文マンガ83p +表紙・裏表紙カラー2p +トーク・その他等5p (合計90ページ)きみよしオリジナル・vol.146サンプルのみ、モザイク処理をしています。本編は白線で修正しています。 紙媒体とは、修正が違う箇所がある場合があります。

>>>同人【触手】一覧はこちら

同人人気ジャンル

  • CG
  • コミック
  • ゲーム
  • ボイス
  • タイトルとURLをコピーしました